▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

カラミざかり・レビュー

カラミざかり【桂あいり】あんまじろじろ見ないでよ、恥ずかしいじゃん

桂あいりの大人気作【カラミざかり】

自分たちが高校生の時にしたかったことを叶えてくれる漫画 

BookLive!コミック

カラミざかり第二話の見所

智乃の「性」に対してオープンな性格に胸がキュンときた

ずっと友達関係だった4人が、一線を超えるきっかけを作ったのは智乃と思います。

智乃が、貴史の買ったオナホを見せてっと貴史に頼んで4人は貴史の家に行くことになった。

智乃はみんなが恥ずかしがることも、言ったりやったりする、性に対する好奇心が強い女の子だと思った

 

BookLive!コミックは月額制


※登録の詳しい方法はこちらカラミざかりの本編購入方法

カラミざかり 第二話までの内容

里帆、智乃、高成、貴史は同じクラスメイトで仲良し男女4人組だ。

ヤリタイ盛りの貴史は、クラスの野村という女生徒が大学生の彼氏とラブホに行って5回エッチした話を側で聞いてしまった。

 

そしてふと、貴史が取り出した携帯に保存していたAV女優の映像。

このAV女優が里帆に似ていないかと話してきた。

里帆に気がある高成はその話が気になるが、似てないと貴史に否定した。

この二人のやり取りを聞いていた智乃は、貴史の携帯を取り上げ、

これ里帆に似てるってと里帆に言った。

里帆と高成は気まずくって恥ずかしかった。

高成はその後も、里帆が自分のことをエロいやつと思ったらどうしようと気が気でなかった。

その日は学校の授業も終わり、みんな帰宅した。

AV女優の事が気になっていた高成はさっそく、さっきのAVを見ながらオナニーをしていた。

…確かに 飯田に…似てる

そう思う高成は、AVを見ながら自分の手のひらの中でイッてしまった。

するとAV女優は男優に

 

自分でしてごらん と言われ恥ずかしそうにしてオナニーをしていた

それを見て高成は里帆もオナニーするのかなとふと考えていた。

 

時同じくして、里帆の家では、里帆がベッドの上で携帯のAV女優を見ながらオナニーをしている。

男優が女優のマ〇コの中に挿れると女優は気持ちよさそうにしていた。

里帆も、懸命に自分のマ〇コを慰めている。里帆は自分の指を二本入れ、里帆のマ〇コはくちゅくちゅといやらしい音を立てた。

そして里帆も自分の指で絶頂を迎えた。


『カラミざかり』第二話 あらすじ

ある日の事、学校で…

貴史が嬉しそうな顔をして高成に近づいてきた。

そして高成に言う。

昨日注文していたオナホが自分の家に届いたと。

 

貴史と高成のやり取りを智乃と里帆が聞いていた。

その時、先生が、智乃と貴史にちょっと手伝いをするため職員室に来てほしいという

その場に残された里帆と高成。

 

二人は気まずくなって少し沈黙になってしまった。

 

照れ隠しに高成が貴史が下ネタばかりでうざいという。

里帆は高成に夏休みの予定を聞いてきた。

特に何も予定のない高成。

里帆は智乃と海に行く予定だという。

高成が貴史も入れて一緒に海に誘おうとした瞬間、智乃と貴史が後ろから帰ってきた。

 

水泳の授業で…

貴史は女の子のスクール水着姿を見ながら言う。

 

野村の胸すげえよな。

新山も意外とあるよな

飯田はAV女優に似ているよな と女子の身体の品評会をしている

 

そんな貴史の言うことが恥ずかしい高成は照れまくっている。

高成は何も言えずじまいだが、下半身だけは熱くなるのを感じた。

 

そしてその日は授業も終わり、貴史と高成は一緒に帰宅していた。

すると、後ろから智乃と里帆が近づいてきた

智乃が貴史にさっき言ってたオナホを見せてくれという。

貴史はいったん断るも、智乃がみんなに言いふらすと脅してきて、結局4人は貴史の家に行くことになった。

 

さっそくオナホを見せてもらう智乃

そして

 

使ってみてよと智乃は貴史に言う。

 

貴史は最初は断るも、智乃の水着姿を思い出し

智乃がオカズになってくれたらいいよと冗談半分に言った。

すると、意外にも智乃がいいよと言う

 

そしてスカートをめくりパンティを見せた。

貴史は自分のズボンのファスナーに手をかける

そして貴史はチンポ出すんだから智乃も同じようにだせよと照れながら言う。

すると智乃はパンティを横にずらして…


『カラミざかり』を読んだ感想

貴史の性欲の強さが色んなところに現れていて面白いです。

まず、オナホが届いたことを自慢げに高成に報告します。

このオナホめっちゃ気持ちいいから、貸してやるよと高成に親切でいう所が素朴でカワイイなと思いました♪

 

高成は貴史が使った後のオナホはとても使う気にならないでしょうが…

 

貴史は、素朴で何に対しても割とオープンだと思います。

貴史とは対照的に、高成は照れ屋で、性に対して興味はあるけど恥ずかしくてそんなこと話せない。

そういうタイプの男の子だと思います。

 

そして高成は自分が里帆の事を気に入っているのを、誰にも言わずに自分の中にだけ秘めていると思います。

 

高成は里帆に自分がエロイ男だと思われるのが嫌で、中々一歩が踏み出せないのでは?と思います。

智乃がついに自分の性器を貴史に見せました。

貴史は恐らく女性の性器を見るのは初めてでしょうから、チ〇ポがビンビンだと思います。(笑)

次の巻で何が起こるのかワクワクしています♪

 

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

-カラミざかり・レビュー

Copyright© カラミざかり【桂あいり】ネタばれサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.