▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

カラミざかり・レビュー

カラミざかり【桂あいり】飯田もオナニーすんのかな…

桂あいりの大人気作【カラミざかり】

自分たちが高校生の時にしたかったことを叶えてくれる漫画 

BookLive!コミック

カラミざかり 第一話の見所

クラスの中の大人しい清楚な女の子・飯田里帆。里帆のオナニー姿に萌えてしまいました

いつも仲良しの友達同士の4人の男女たち。

貴史が見せてきたAV女優が「里帆に似てる」っていうのが気になって、高成は家でそのAVを見ながらオナニーしたよ。

そしてふと、飯田もオナニーするのかな?って。

友達がオナニーしてるのかなって、高校生の時よく思いませんでしたか?

BookLive!コミックは月額制


※登録の詳しい方法はこちらカラミざかりの本編購入方法

カラミざかり ってどんな内容?

クラスメイトの男女4人、いつも他愛もない会話で学校生活を過ごしていた。

しかしある日、興味本位で訪れた男子の部屋で多感な彼らはついに一線を超えてしまう…

日常、好奇心、片思い、そしてセックス

夏の日、彼らの身体と心は複雑にからまり合う。

カラミざかり【桂あいり】第一話 あらすじ

ある高校生男女4人の物語。

同じクラスの山岸高成、吉野貴史、飯田里帆、新山智乃は仲良しのクラスメイトだ。

4人は男女の一線を超えることもなく、「友達」として仲良く過ごしている。

 

ある日、クラスの派手な女子学生・野村が大学生の彼氏とラブホに行った話を、貴史と高成は偶々聞いてしまった。

野村は大学生の彼氏と5回もエッチをしたという。

貴史はその話を聞いて、大興奮だ。

うぉ~~俺もヤリて~

 

そんな貴史を恥ずかしく思う高成は思わず顔を赤らめる。

ヤリタイざかりの貴史は、携帯に映し出されたAV女優を高成に見せながら言う。

このAV女優飯田に似てね?

 

高成は密かに飯田里帆に思いを寄せているのだ。

高成は、髪型だけ似ているんだろ?と否定しながらもそのAV女優は頭から離れることはなかった。

そんな貴史と高成の会話を後ろでじっと聞いていた智乃は、貴史の携帯をぱっと取り上げて、飯田里帆に言う。

 

これ、里帆に似てるって。



里帆は恥ずかしくて何も言えずただ顔を赤らめている。

貴史は、智乃から携帯を取り返しバツが悪そうに恥ずかしがった。

高成は、授業中もさっきあった出来事が気になって仕方ない。

高成が気に入っている里帆に、エロイ奴って思われたかなと恥ずかしくて最悪な気分になっていた。

その日は学校も終わり、帰宅する。

高成はさっそく先ほどのAVを見ながら、ベッドの上でオナニーしていた。

 

高成は、本当は女優が里帆に似ていると思っていたのだった。

AV女優は気持ち良くなり、イかされていた。

そして、高成もまた自分の手の平の中でイってしまう。

AV女優は、男優に自分でしてごらんと言われ、恥ずかしそうにオナニーをしている場面だった。

…飯田も オナニーすんのかな…

高成はふと気になった。



時同じくして、里帆の部屋では

里帆も同じAVを見ながら自分の身体を慰めていた。

里帆の唇からこぼれる吐息。

次第に高まっていく里帆の興奮。

里帆は2本の指を自分のマ〇コに挿れてみた。

自分の指で里帆は激しくイッた

カラミざかり【桂あいり】を読んだ感想

どこの高校生でも経験する、普通の高校生活から映し出されます。

派手な女の子がいたり、真面目な学生がいたり…

読んでいてご自身の高校生時代を思い出させてくれました。

 

メインキャラクターの、貴史・高成・里帆・智乃がそれぞれに個性があって、4人の気持ちがそれぞれどのように動いているのか感じながら読むととっても面白いです。

 

私は、里帆と智乃ではどちらかというと里帆が好きです

里帆は大人しくて・守ってあげたいタイプの女性で、そんな里帆は男性を虜にしてしまうタイプだと思うのです。

 

そして、里帆の性格の特徴として大人しくてあまり自己主張するタイプではないけど、「性」に関しては結構好奇心があると思う。

まさかこんな大人しい女の子が、性欲強いの?!と意外性を持っていると思うのですね。

 

男性から見たら、そういう里帆の性格が神秘的に映ると思います

そして、この巻の一番の見どころは里帆のオナニー姿です。

里帆がオナニーをしながら、懸命に自分の身体を自分で慰める場面は里帆の性格を理解していると、そのギャップに興奮してしまいます。

是非、一読してみてくださいね。

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

-カラミざかり・レビュー

Copyright© カラミざかり【桂あいり】ネタばれサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.